My Name is Argon

Loving each other is forgiving each other

Loving each other is forgiving each otherTheir first born baby

  Category

経緯Process
Atomic Bomb・アルゴン誕生までの経緯。


誕生Be born&Childcare
アルゴンの出産までと産後の育児の記録。

  Inthefuture

*悲しい決断
元気印の仔犬達とは対照的に出産直後から体調が優れなかったウラン。 それでも一生懸命子育てに専念し頑張っていましたが離乳期に入ると張り詰めていた気力が切れた様に 私が育児をバトンタッチしたのとほぼ同時期に急激に体調が悪化してしまいました。 嘔吐・発熱・食欲不振・相変わらず続く異常なパンティング状態。 それは難産だった事により子宮内に残った後産を完全に排出する事が出来ず感染症を引き起こしてしまった為でした。

ウランの避妊を望まない私としては子宮摘出と言う最悪の手段は避けたくて 抗生物質の投与を希望し少し様子を見て貰いましたが日に日に体力が落ちて行く感じになり 悩みぬいた結果5月3日に入院し5日に子宮摘出の手術を受ける事になりました。 入院直後は高熱が続き血液検査では肝機能障害を起こしている事も判明しました。 状態はかなり悪く当初予定していたよりもはるかに長い入院期間になってしまい 家で待つ間の時間どんなに心配した事でしょうか。

*もうひとつの決断と別離
Atomic Bombの仔犬達全員揃って写した写真は2005/6/30に撮影したものが最後になってしまいました。 皆残留と決めて世話をしていたのですが長女のテルルと次女のニオブは里親さんの元へ巣立って行ったのです。 と言うのもウランが退院した直後、今度はアトムが治療で使った薬剤に中毒を起こし急性の肝炎を併発。 入院と言う事態になってしまったのです。入院期間は半月程度で済みましたが退院後も病院通いが続きました。 一向に回復の兆しの見えないアトムの看病に精神的に一杯々々の状態になってしまったのです。

*2005/5/31
福岡から遊びに来てくれたアトムの妹、キララ叔母さんと初対面! さすがイケメン・アトムの妹、美人さんです。皆凄くハシャいで遊んで貰いました。キララのパワーは豪快でアルゴンは転がされてました。 とっても楽しい一時でした。キララとは又何時か絶対に再会したいです。

*2005/6/24自宅にて *2005/6/28自宅にて *2005/6/30最後のPhoto

迷いと看病疲れで苛々が募る日々。手元に残したい。でも此のままじゃいけないと葛藤は続きました。 しかし、ある時ふとこの仔達にとっての本当の幸せは?と言う問いに一つの答えが過ぎりました。 手元に置いても今の状態ではご飯とトイレの世話が精一杯でクレーツから出して遊んでやる事も 殆ど無くなってしまいました。そんな今の生活が果たして本当に仔犬達にとって良い事なのか? 色々な事を吸収する大切な時期に充分な愛情を注いでやる事が出来ないのなら 素敵な里親さんを探してあげる事も親として大事な努めではないのかと・・・ そして2005/7/14次女のニオブ、 7/16に長女のテルルと二姫が私の元から巣立って行きました。 今ではテルルはサクラ、ニオブはハナとして里親さんの元で暮らしています。 正直なところ別れの時は物凄く辛かったし何度も止めようと言う思いに駆られました。 でもこれが間違った決断ではなかったと信じたいです。現在もアトムの闘病は続いてますが 娘達との悲しい別れをステップに頑張って行こうと思ってます。

*幸多き未来を祈ります
そんな辛い経緯もありましたが今は全てを乗り越えてアトパパ率いるAtomic Bomb 四ワン揃って平穏で幸せな日々を送ってます。 アトムとウランにとって最初で最後の仔であるAtomic Bombの仔犬達はウランが死ぬ思いで産んでくれた最高の宝物です。 彼らは何処へ行ってもアトムとウランの仔として胸を張って生きて行ってくれると思います。 私は手元に残ったアルゴンそして巣立って行った二姫の未来に幾つもの幸がある事を願い続けます。