Breed
..Bichon Frise&Maine Coon..

*メインクーンってどんな猫?*ビションフリーゼってどんな犬?
フワフワのタフトが自慢の大きな猫のLeopon。
ホワホワの真っ白なコートが自慢な珍しい犬種のアトム。
でもメインクーンの事もビションフリーゼの事も
あまり良く判らないっ!て言う方が多いかと思います。
なのでここでは我が家の愛息達のブリードについて簡単にお話させて下さい。

 Bichon Frise

フランス原産でアフリカ大陸に面した大西洋上に浮かぶカナリア諸島テネリフィ島の古い土着犬であったと言われてます。 14世紀にイタリア人がカナリア諸島で発見しヨーロッパへ持ち出したのがきっかけで、16世紀頃フランスで小型化するのに成功し マルチーズやプードルの影響を受けていると考えられています。以後ヨーロッパの貴族社会で注目を集め一躍人気犬種となり 貴族・貴婦人達が競って飼育したそうです。フランス語で「Bichon」とは飾る「Frise」とは縮れたれ毛を意味し、ホワホワの巻き毛に飾られた犬としてフランス国内で愛されていました。

今から20数年前アメリカで独創的なカットが開発され工夫が加えられ現在のショー・カットであるパウダーパフとなって世界的な流行犬種になりました。 豊かな絹糸状の被毛は巻き毛の性質を持っています。毛色は白一色で頭部など豊かな冠毛に覆われていて全体にパウダーパフの丸い印象を与えます。

小さいながらたくましい犬種で誇らしげで快活な歩様や動作が特徴的です。また性格は陽気で快活です。

■1933年に正式に*ビションフリーゼと命名され1934年フランスのケネル・クラブに公認されます。
■1956年にはアメリカに渡りAKCは1973年にノン・スポーティング犬種として公認しています。


■Standard
【原 産】
フランス
【分 類】 JKC/ 第9グループ:AKC/ ノン・スポーティング:KC/ トイ
【体 長】♂20.3〜30.5cm ♀20.3〜30.5cm
【体 重】♂5.9〜6.8kg ♀4.5〜5.0kg


 Maine Coon

北アメリカのメイン州周辺が原産地で大変歴史の古い猫ですがそのルーツは諸説唱えられ 移民船に乗ってきた猫とアメリカ土着の長毛種とのかけ合わせだとか、アライグマ(ラクーン)と交配して生まれたとか、 その他にも幾つかの説があるのですがはっきりとした事は不明の様です。 しかし名前の由来は後者からきているらしいとの事です。

とても優秀なワーキングキャットとして北アメリカの厳しい自然環境にも負ける事なく開拓農場でネズミと戦い続けたそうです。 その為に現在でもたくましさは十分に残っていて体形も被毛も野性的でとても大型の猫です。 成猫では体重10kgほどになる事もあります。その代り成長の速度は遅く成猫になるのには大きさで2年ほど体重では3〜5年ほどかかります。

タフト(飾り毛)と大足は有名で耳の付け根から喉までを取り巻くように生えていてラフなコートがワイルド感をより一層引き立てます。 器用な前肢は他の猫よりも長めでそれを上手く使って食べ物などを食べるそうです。 意外なのは性格で精悍でワイルドな風貌とは異なりとても温和で利口で気立てが良く人にも良く懐きます。 持ち前のハンター精神から好奇心も旺盛で遊び好きです。

毛色には様々な種類のパターンがありクラッシックタビー・マッカレルタビー・ソリッドスモーク・パーティーカラー・ブラック ホワイトなどなど様々です。ちなみに余談ではありますが我が家のLeoponは、 ブラウン・マッカレルタビー&ホワイトと言う毛色でした。


■Standard
【原 国】
アメリカ
【タイプ】ロング&サブスタンシャル
【公 認】CFA&TICA公認
【毛 長】長毛種
【目 色】毛色の色に準ずる